20代後半はよく旅をした。

26才、27才の時、一人でヨーロッパを放浪した。
世界の音楽、アート、文化が見たいという表面的な理由はあったけど

『自分探しの旅なんてちゃんちゃらおかしい』と言いながら、
自分が一番自分を探していたように思うw

日本の言語環境や価値観を持っていかず、
純粋に『世界×私』というものをこの目で耳で鼻で感じたかった。

愛する友達と旅行すると、日本の価値観でローカルな言語とノリで世界をジャッジことになるから。

だから一旦、授かり培った自分の環境全てを置いておく
一人旅を選び、日本人の友達とは会いたい時、一緒に居たい時に会うようにした。

目に映る見た事のない光景全てに身が裂けるほど、心が高揚した。
興奮がスパークしてときめいて仕方なかった。
脱力もしたし、ショックもあったし、本当に酷い姿にもなったw

松尾芭蕉ではないが(笑)
旅はまるで人生そのものだと思った。

そして、見えたもの。

本当の自分なんて、ここにしかない。

真実なんぞどこにもない。世界のどこを探しても。
真実は、求めたいと思った時に、その言葉の意味を求めた者にだけに浮かび上がらせる。
それは、聞き心地の良いフレーズなんかでは、
まとまるはずもなく、その時全感覚で受け取れる全てだと。

答えなんぞどこにもない。
私が歩いた僅かな人生の全ての史跡、想いも、風景も、時間も、関わった人も
それ自体がそのまま全部私であり、

そして答えは、いつも自分の内側にしかない。

そう思った時、恐ろしく全てが果ての無い平野のように、フラットに見えた。

『あの人は間違っている』も
『自分はどうせ』も
『あなたのために』すらも

本当はないのだと。

その果てに今

思う。

私は結果や状況ではなく、状態を求めている

「生きている」というALIVEな感覚になった時

人は感動し善も悪も良いも悪いも好きも嫌いも凄いも凄くないも
理屈の無い領域で心を震わせ、進化しようとする。

いかに歓びを見い出せるか
いかにエネルギー=命の火(源)を躍動させるか

その方法は何だってどんなんだっていい。

それこそが人を元々あった無敵のバイブレーションへと導き
不安や妬み、恐怖を一瞬で吹っ飛ばす。

そこに理由はない。

この命すらも客観視 出来得る命の火(源)
その存在のフィーリングに感覚で気付き
その奥にあるウズウズしたスパークの種を
肉体を持ちながら爆発させれることの有り難さ。


高い意識を見物して夢見て終わるスピリチュアルなど
経験にはなるが現実にはあまり意味がない。

そして同時に、何かを通して
その奥にあるウズウズしたスパークの種を爆発させれるならば
スピリチュアルである必要も、当たり前だが、もちろんない。

所詮そんなものは、私たちが進化の段階で好きでやってるスケール意識と
カテゴライズ意識による単なる型分けに過ぎない。

命から見れば。

プロフィール

KALANI(カラニ)
KALANI(カラニ)Twitter:@o_InLakech_o
ビジョンアナリスト・コズミックキュレーター
人生をワンダフルな「遊び」に変えるためのラボ
大阪市 西区 堀江 ULP LABO ーKALANIー

セラピースクール&リーディングショップ勤務時代から総計1000件以上のリーディングカウンセリング、400件以上のヒーリングの経験を元に形而上学、量子、エネルギーの理論に基づき、その人が持つユニークなセンスを開くサポートを行う。

15年間で延べ2000件以上の商品企画・グラフィック・WEBなどのデザイン制作に携わり、その人の想い・意図・考えを視覚化してきた経験とを合わせ、
クライアント自身の本来の価値への覚醒と、ライフコンセプト・センスなど統合を促し、新しい価値を創造・具現化プランニング&実践のサポートも行っている。

20代、アジア・ヨーロッパの旅を経て、世界に数カ所しかない形而上学、カバラ、西洋神秘学、アルケミーなどの教えに出会う。

現在は、世界で唯一開かれた正当なキングソロモンの秘儀継承者として形而上学入門セミナー(アデプトプログラム®)と、
その方が自分の本質に目覚め、これまでなかった意識の領域で自分を知り、その人オリジナルの道を生きるためのセミナー・個人セッションも行う。

コズミックキュレーターとして、宇宙規模で観る、動植物・人や惑星エネルギーなどの神秘的でリアルな量子情報を、グラフィックに採集しメディアに共有。私たち人間と、宇宙の 広大無辺のパワーを伝えている。

2014年発売「花曼荼羅®カード」の全てのグラフィック制作を担当

Instagram・意識覚醒グラフィック配信中
▶︎▶︎▶︎Instagramページ

センスを開いて「それしかやりたくないこと」を実践し
ユニークなライフポジションに立つ
無料メールレッスン「GIFT QUEST MAGAGINE」
▶︎▶︎▶︎無料登録ページ

公式サイトhttp://kalani.jp/

Comment

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。