癒しとトラウマ解除はとても重要で有効です。

ですけれども!

な記事です。

スピリチュアルな関連のお話等でよく耳にする

「手放し」という行為について。

『頑張って手放す』ということに常々違和感を感じます。

『頑張ると手放しにくい構造』があるからです。

スピリチュアルワークなどで原因に気付いて
頑張ることで古い回路に無意識に意識をフォーカスしてしまい
長く、その状態に停滞することを

私は

スピリチュアルトラップ

と読んでいます。

気付いて反省モードになって自己を見つめることで
一瞬心がクリアになった気がするからです。

手放すことに向き合う自分って結構素敵ですから。

私もついつい結構そんな自分に酔ったりしますw

でも、あまり現実は変わらない

「手放す」ということに関して、すんなり出来ない場合、
それぞれに何らかの事情があります。

これはシンプルに言うと『過去体験と感情の強い結びつき』で引き起こされます。

「素直になれない」「シンプルにはいかない」それなりの事情なのです。

その事情が深い思い入れとなってしまっている凝固した固まり。

私たちはこういったものを、

ウザがって気合い入れて、『エイ!』っと、どけようとする癖があります。

はたまた責めたり、無理矢理置き換えたりする。

一種の頑張り癖です。

まるで、大掃除の時、しつこい油汚れを発見したら、
キッチンハイターでこれでもかとスプレーするような・・
(本当にスッキリ取れますからねw)

実に似てる。

内面のハードルの高いと感じる「手放し」に関しては、

ウザい(言葉が悪いかもしれませんが)からと気合い入れたり、
無理して受け入れようとするより、


新しい神経回路に『命』を注いで、発動させるのがお勧めです。


『過去体験と感情の強い結びつき』の回路に
ガソリンを注がず置いておいて
新しい気付かなかった
『新鮮な可能性と未来』の回路に
ガゾリン入れる手法です。

その方が断然早い。

そのうち『過去体験と感情の強い結びつき』は知らない間に死滅に近い状態になっていく。

嫌いな人を頑張って好きになるより、もっと好きな人といっぱい出逢った方が
生きやすい世界を作るのに断然有効でシンプルかつスムーズです。

自分が変わっくるとそのうちその嫌いな人も好きになれたりね。

実に似てる。

スピリチュアルトラップがあるので。

癒しとトラウマ解除は命を中心を発動してから取りかかってもいいかも。

まずは、新しい細胞回路を起こしてから考える、

癒しにハマって現実動かない方に

ヒーリングは必要ない、と自分で感じている方に

DNAアクティベーション はかなりおすすめです。

プロフィール

KALANI(カラニ)
KALANI(カラニ)Twitter:@o_InLakech_o
ビジョンアナリスト・コズミックキュレーター
人生をワンダフルな「遊び」に変えるためのラボ
大阪市 西区 堀江 ULP LABO ーKALANIー

セラピースクール&リーディングショップ勤務時代から総計1000件以上のリーディングカウンセリング、400件以上のヒーリングの経験を元に形而上学、量子、エネルギーの理論に基づき、その人が持つユニークなセンスを開くサポートを行う。

15年間で延べ2000件以上の商品企画・グラフィック・WEBなどのデザイン制作に携わり、その人の想い・意図・考えを視覚化してきた経験とを合わせ、
クライアント自身の本来の価値への覚醒と、ライフコンセプト・センスなど統合を促し、新しい価値を創造・具現化プランニング&実践のサポートも行っている。

20代、アジア・ヨーロッパの旅を経て、世界に数カ所しかない形而上学、カバラ、西洋神秘学、アルケミーなどの教えに出会う。

現在は、世界で唯一開かれた正当なキングソロモンの秘儀継承者として形而上学入門セミナー(アデプトプログラム®)と、
その方が自分の本質に目覚め、これまでなかった意識の領域で自分を知り、その人オリジナルの道を生きるためのセミナー・個人セッションも行う。

コズミックキュレーターとして、宇宙規模で観る、動植物・人や惑星エネルギーなどの神秘的でリアルな量子情報を、グラフィックに採集しメディアに共有。私たち人間と、宇宙の 広大無辺のパワーを伝えている。

2014年発売「花曼荼羅®カード」の全てのグラフィック制作を担当

Instagram・意識覚醒グラフィック配信中
▶︎▶︎▶︎Instagramページ

センスを開いて「それしかやりたくないこと」を実践し
ユニークなライフポジションに立つ
無料メールレッスン「GIFT QUEST MAGAGINE」
▶︎▶︎▶︎無料登録ページ

公式サイトhttp://kalani.jp/

Comment

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。