前回は、下記のブログの中で

「徹底的に自分になる」ための卒業意識!6選!

をあげさせてもらったわけですが、

今日は、その中でも

自分が「正しい」と思っていることの論理にとらわれないについて
自分の中の「正しさ」が「アダ」となるケースについて解説♪

なぜ「正しい」と思っていることが良くないの?

自分が「正しい」と思っていることこそ貫くべきじゃないの?

と感覚で感じる方は是非お読みください^^

そもそも「正しい」って、
法律に関すること、生死や病に関わるような究極の人道に関することを除いて・・・

平たく言えば個々の常識であったり、
それぞれのこだわりみたいなものだったりしますね。

よく言う常識を疑え!的な革新的発想のための観点ももちろん含みますが、

 

もし自分が「正しい」と他人に主張をしていなかったとしても、
自分の中にある「正しい」から外に出るのが怖かったり、
許可できないことって、どんな人にとってもたくさんあるものです。

この、「だいたい普通はそうでしょー」っていうのが、
脳の制御装置として、私たち人間にはかなり標準装備されている。

しかもかなりスペック高めで。

他人との考え方の相違に遭遇した時
「なぜそうじゃないの?」という疑問を持つことは
「自分を知る」という人生のメインストリームからすると、
とても重要なエッセンスではあるのだけど、

この「正しい」に反するものに遭遇した時、
とてもやっかいな自動反応のパターンの中に、
しばしば「対立」のエネルギーを生み出すという見事な現象が存在する。

あなたがブッダやサイババではなかった場合
(ブッダやサイババが、このメルマガを購読してくれてる事実はもちろんないw)

 

もしくは、なんらかの特殊な精神的訓練を受けていない場合、

 

誰しも自分を受け入れてもらいたいエゴがある。

 

だから「正しい」自分の型に相反するエネルギーに遭遇した時、

大きく分けて下記3つの気持ちがどうしても湧いてしまう。

・自分の考えと一緒であって欲しい欲求
・自分の考えを理解してほしい欲求(同意・賛成してほしい)
・自分を価値ある存在として認められたいという欲求
(共存本能)

性格・コンディション・経験値・エネルギーの癖の違いで、
人によって多少異なりはあるものの、

これらの欲求が湧いた後、
変化の流れのパターンの中にさらにクセものゾーンが存在する。

今日は、この3つの行く末の、
さらにやっかいな変化のパターン、
要注意ゾーンをご紹介♪

「私の正しいではない」がどんどんと変化して、
相手と自分をジャッジして→
「許せない」「苦しめられた」「自分が受け入れられていない」
の領域に針が振れ出した時!

要注意ゾーン。

【怒り】【嘆き】【恨み】【自己否定】のゾーンに到達した時、
脳や神経に過度のストレスが生じ、
大量の活性酸素を生み出し、
時にハートは傷を伴い、
全てのクリエーションのパフォーマンスは、あれよあれよと低下する。
それは【喜び】よりも遥かに早い速度で進行される。

そして、やっかいなことにこの
【怒り】【嘆き】【恨み】【自己否定】のエネルギーは、
増幅する速さも、とてつもなく速い。

さて、ここで注意してほしいこと。
そもそも、ことの発端は「私の正しさ」「ルール」「わたし的に」
というまったく悪気のない、むしろ「善」とも思える
主義主張・考え・理屈・想いから始まっていたはずだということ。

それが、発展して気づかない間に、思考をジャックし、
あなたのあっという間に終わる人生の中の、
大切な大切な「創造へのやる気」に向ける
時間とエネルギーを搾取されている、ということ。

これはもうね、「罠」としかいいようがない。
実に巧妙な手品のように、「正しさ」は思考の浪費へと移行していく。

これに関しては、相手や意見を色々分析するよりも、
この地球と人間の摩訶不思議の「罠」と理解したほうが早いと思う。

そこで、

「正しさ」の「罠」撃退方法 2選!

コントロールできないものには無駄にフォーカスしない。

人は感情に翻弄されやすい。
他人の考えや組織の体制など自分の力では
すぐに変えられないものに行動の共わない批評はやめよう。
怒りや恨みがやって来たら「ふっと離す、離れる」を
合言葉に対立のエネルギーを外す。
エネルギーから立ち退く。(できれば感謝と共に)

相手に対して、腹を割って、話し合いができるなら、勇気を出して、誠意を持って、話をしてみる。

ザ・罠をチャンスに変える法。
そこから生まれる調和するためのトライ、
1歩のアクションは何か新しい気づきをきっと生み出す。


結局のところ、記事のテーマ通り何が正しいってことはないのだけど(笑)

【怒り】【嘆き】【恨み】【自己否定】のゾーンに
自分のエネルギーが突入したって察知した時は、
「正しさ」の「罠」にハマってはいないかをチェックできる自分でいることが本当にオススメ!

【怒り】【嘆き】【恨み】【自己否定】のゾーンで停滞した時、
そのチェックによって、あなたのパフォーマンス能力は、
驚くべき向上を見せるから。
今日も、私や読んでいただいた皆様が
昨日までの「正しさ」にとらわれることなく、
素敵な1日を過ごされますように♪^^

人生を生のアートにしたい方に届ける、ライフアートのための
「美 ALIVE レッスン」メルマガ
2016年2/28 9:30配信
http://www.reservestock.jp/subscribe/12510

プロフィール

KALANI(カラニ)
KALANI(カラニ)Twitter:@o_InLakech_o
ビジョンアナリスト・コズミックキュレーター
人生をワンダフルな「遊び」に変えるためのラボ
大阪市 西区 堀江 ULP LABO ーKALANIー

セラピースクール&リーディングショップ勤務時代から総計1000件以上のリーディングカウンセリング、400件以上のヒーリングの経験を元に形而上学、量子、エネルギーの理論に基づき、その人が持つユニークなセンスを開くサポートを行う。

15年間で延べ2000件以上の商品企画・グラフィック・WEBなどのデザイン制作に携わり、その人の想い・意図・考えを視覚化してきた経験とを合わせ、
クライアント自身の本来の価値への覚醒と、ライフコンセプト・センスなど統合を促し、新しい価値を創造・具現化プランニング&実践のサポートも行っている。

20代、アジア・ヨーロッパの旅を経て、世界に数カ所しかない形而上学、カバラ、西洋神秘学、アルケミーなどの教えに出会う。

現在は、世界で唯一開かれた正当なキングソロモンの秘儀継承者として形而上学入門セミナー(アデプトプログラム®)と、
その方が自分の本質に目覚め、これまでなかった意識の領域で自分を知り、その人オリジナルの道を生きるためのセミナー・個人セッションも行う。

コズミックキュレーターとして、宇宙規模で観る、動植物・人や惑星エネルギーなどの神秘的でリアルな量子情報を、グラフィックに採集しメディアに共有。私たち人間と、宇宙の 広大無辺のパワーを伝えている。

2014年発売「花曼荼羅®カード」の全てのグラフィック制作を担当

Instagram・意識覚醒グラフィック配信中
▶︎▶︎▶︎Instagramページ

センスを開いて「それしかやりたくないこと」を実践し
ユニークなライフポジションに立つ
無料メールレッスン「GIFT QUEST MAGAGINE」
▶︎▶︎▶︎無料登録ページ

公式サイトhttp://kalani.jp/
Comment are closed.