カラニ(KALANI)です。

 

こんばんは^^
いつもありがとうございます!

今日は昨日の配信でお伝えした

人生のクリエーションを、「自分遊び」に変えていく革命のための、大前提とも言える意識ポイント。
2つのうちの1つをお伝えします。

 

1つ目は、

 

不必要な意識外しとも言えます。

少し前から、これまでセッションのカウンセリング中に私が必要性を感じ、ご希望される方に、自分の世界観を構築するためのプログラムを、行わせて頂いているのですが、

その中でクライアントさんと関わらせて頂きながら、皆さん共通で浮上してくる

「行動を止めてしまう原因」の部分にあたるところ

でもあるので、やりたいことがあるのに動けない方や、無意識に足踏みしてしまう方は是非ご自身でも精査してみて下さいね。

さて、そのポイントとは‥‥

――――――――――
人生に「当たり外れがある」という感覚を辞めること
――――――――――
です。

かなり抽象度を上げて言いましたが、これは言い換えれば、どれをやることが正解で、どれをやることが不正解か?

を探すことばかりに気を取られすぎてしまうことです。

極端な言い方をすると、「当てもの意識」とも言えます。

この「当てもの意識」は、実は、パワーの強いと感じる人に対して媚びることも、崇めてしまうことにも関係があります。

人に対して強い優劣意識を持つことも、自分の行動や考えに対して強い優劣意識を持つことも、向かっている矛先が違うだけで、同じ原理です。

これは、ほぼ無意識下の中に潜んでいますが、「人生を遊びに変える」「やりたいことをして生きて行く」というそのための1つ1つの行動を、強力に止めてしまう原因でもあります。

皆さんは、学校で教育を受けて来た中で、先生に当てられて発言する時、先生が用意した答えとは違うことを言った時、「違った」という瞬間、恥ずかしくなったことはありますか?

私は何回も体験したことがあります。

一瞬の出来事ではあるのですが「その他大勢」の前で判定を下されているかのような体験は、その方の性格によっては、学校のテストで点数が取れなくて劣等感を感じることより、恥ずかしさレベルは高かったかもしれません。

自分の発言に対して、自分自身を「投影」してしまい、先生が授業や会を進める上で、進行の妨げになったり、教科書の内容を教えてくれる上で「合っている」「合っていない」という意思表示を

「自分」という資質や能力に対するジャッジのように感じてしまうのですね。

「先生の用意した答えとは合っていない」がなんとなく「君は合ってない」とでも言われたかのような気持ちになるんです。

何に対して、の部分が感情的な反応により、過剰に歪曲されてしまうのですね。

この辺りから、私たちは、自分の考えに対して良いか悪いか、を情報材料によって判断しようとする意識が着実に強く形成されています。

だけど、「やりたいことで生きていきたい」において、あなたの表現や手法に正解や不正解は存在しません。

何をやれば幸せになれるのか?という答えもありません。

どれを使って自分の遊び王国をより楽しくしていくのか?

「どんな風にするかな〜」に対してどこに修正をかけ、変化するか、それに必要なことをどう取り入れるか。

誰と一緒に分かち合うか?

それだけです。

「成長」という出来上がった結果を目指すのではなく、その変化していく有り様、それ自体が「成長」「豊かさ」や豊かさのエッセンスそのものです。

状態を目指していると行動ができません。

あなたは、何を「正解」と思っていて何を「不正解」と思っているのか、それは果たして本当にそうなのか?

これからの新しい時代で、遊びの王国作り本格的に始めたい方は、是非ご自身で精査してみてくださいね^^

今日は最後に、自分の才能を使い、目標を達成したいという希望を持っておられるのですが、やる気をなくしがちだという方が、体験セッションを受けられて、
行動を止めるブレーキに気づきのヒントを得られた方ご感想の一部を、ご本人様の了承を得て、ご紹介させて頂きます。

M.A.様 30代 アロマセラピスト

「自分の世界観を構築するためのプログラム体験セッション感想」

体験セッションを受ける前に、どんな事で悩んでいましたか?
目標を立てたのですがそれを達成することができるといまいち信じられないこと。

■どうして、体験セッションをお受けになりたいと思われましたか?
「どうせダメだ」という思念がわいてきて、自分が今やっていることに、すぐにやる気をなくしてしまうので、強制力がほしかったです。
コーチングがいいとは分かるので、受けてやる気を出そうと思いました。

■体験セッションはいかがでしたか?

こんなネガティブ思考でも目標を達成できたら、喜ぶんだなぁと改めて思いました。そっちだけを見ていければよいのだけれど、ブレーキになっている気持ちがやっぱり「どうせダメだ」の奥にあるなぁと思いました。
達成できなかったとしたらの未来に、安らぐ自分がいて、昭和な格好をしていました。
遠く昔に帰るような、想いが過去へ飛ぶような感じでした。そこに私にとっての答えがありそうに思えました。
私は結構複数の方のコーチングの案内を受けていますが、カラニさんだからそこへ行くのだろうと思いました。
カラニさんのご説明にあったように、左脳と右脳とバランスよく使って生きていくのがいいと思いますし、自分の才能や能力を埋もらせることなく前に進んでいけたら、オリジナルなものを生み出せそうに思います。
海外経験もあり、知識も広いので、自分が知らなかった幅広い世界を見せてくれそうに思いました。
■どのような方に体験セッションを薦めたいと思われますか?
自分の人生をクリエイトしたい方へ!
カラニさんは沢山のヒーリングの実績もあられることから、悩み苦しみから心を癒し、その先の人生の、望みをかなえていくという能動的なステージへのサポートを、デザインを描くように設計してくれそうです。
起業してやって行きたい方には、技術面でも心強いと思うのでぜひオススメです。

 

 

それでは、また!

プロフィール

KALANI(カラニ)
KALANI(カラニ)Twitter:@o_InLakech_o
ビジョンアナリスト・コズミックキュレーター
人生をワンダフルな「遊び」に変えるためのラボ
大阪市 西区 堀江 ULP LABO ーKALANIー

セラピースクール&リーディングショップ勤務時代から総計1000件以上のリーディングカウンセリング、400件以上のヒーリングの経験を元に形而上学、量子、エネルギーの理論に基づき、その人が持つユニークなセンスを開くサポートを行う。

15年間で延べ2000件以上の商品企画・グラフィック・WEBなどのデザイン制作に携わり、その人の想い・意図・考えを視覚化してきた経験とを合わせ、
クライアント自身の本来の価値への覚醒と、ライフコンセプト・センスなど統合を促し、新しい価値を創造・具現化プランニング&実践のサポートも行っている。

20代、アジア・ヨーロッパの旅を経て、世界に数カ所しかない形而上学、カバラ、西洋神秘学、アルケミーなどの教えに出会う。

現在は、世界で唯一開かれた正当なキングソロモンの秘儀継承者として形而上学入門セミナー(アデプトプログラム®)と、
その方が自分の本質に目覚め、これまでなかった意識の領域で自分を知り、その人オリジナルの道を生きるためのセミナー・個人セッションも行う。

コズミックキュレーターとして、宇宙規模で観る、動植物・人や惑星エネルギーなどの神秘的でリアルな量子情報を、グラフィックに採集しメディアに共有。私たち人間と、宇宙の 広大無辺のパワーを伝えている。

2014年発売「花曼荼羅®カード」の全てのグラフィック制作を担当

Instagram・意識覚醒グラフィック配信中
▶︎▶︎▶︎Instagramページ

センスを開いて「それしかやりたくないこと」を実践し
ユニークなライフポジションに立つ
無料メールレッスン「GIFT QUEST MAGAGINE」
▶︎▶︎▶︎無料登録ページ

公式サイトhttp://kalani.jp/
Comment are closed.